デジタルデータソリューションの事業内容と採用情報

デジタルデータリカバリーをはじめとするデジタルデータソリューションの事業

1999 年に設立したデジタルデータソリューションでは、企業、個人に向けてデジタルデータにまつわるサポートをおこなっています。たとえばお子様の写真や動画といった個人データや、メールデータ、顧客データ、企画書、取引先資料、売り上げ管理データ、経理データといった大切な企業データが消失・破損してしまった際にも、速やかに抽出・復旧を試みること。これがデジタルデータソリューションの代表的なサービスのひとつ、「デジタルデータリカバリー」です。

デジタルデータリカバリーはPC上のデータだけでなく、サーバや、フラッシュメモリ媒体のデータの故障・トラブルにも対応しており、その場の状況や媒体に合った抽出・復旧をおこないます。デジタルデータリカバリー以外にも、デジタルデータに関するサービスを多数提供しています。顧客の大切なデータを自動バックアップし、突然の破損や消失にも対応する「デジタルデータバックアップ」、機器の故障や不正アクセスなどによりデータが消失した場合に調査結果を報告する「デジタルデータフォレンジック」、PCやスマホのデジタル復旧保証をおこなう「デジタルデータワランティ」、世界中の最先端技術を導入しホワイトハッキングエンジニアと連携し、世界基準のセキュリティシステムを構築する「デジタルデータハッキング」です。

デジタルデータソリューションのモットーは、「1秒でも早く、1つでも多くのデータを最も安全に復旧する」こと。デジタルデータソリューションは世界各国の技術研究機関から最先端の技術や設備を導入しています。そのため、この分野にまつわる技術力とスピードは世界トップクラス。2007年以来、依頼件数・復旧実績・復旧率・売上高は11年連続で日本No.1をキープしています。

また2017年には新技術が東京都の経営革新計画として承認されました。今後は日本以外にも世界をターゲットし事業領域を拡大しつつ、世界No.1のデータ復旧サービス事業を目指すべく精進します。

デジタルデータソリューションの採用情報

デジタルデータソリューションは東京・銀座に本社を構え、大阪、名古屋、福岡にも支社を展開しています。デジタルデータソリューションの企業理念はふたつ。「変化する社会環境に応じ、顧客の問題解決に役立つサービスの提供を通し社会の発展に貢献すること」と「自分たちに関わりのあるすべての人に誠実に接し続けること」。
また経営理念は「世界シェアNo1のデジタルデータソリューション企業を目指し、世界最高水準の技術を追求。デジタルデータソリューションならではの付加価値を顧客に積極的に訴求すること」、「常に変化するビジネス環境に応じて、自ら成長させられるビジネスパーソンであり続けること」です。

現在、デジタルデータソリューションにはセールス、CS、エンジニア、物流、マーケティング、経営管理といった職種があり、約120名のスタッフが働いています。近隣アジア諸国から、欧州、それから世界的シェアを誇る企業がある北米へと活動を広げ、世界No.1を獲るのがデジタルデータソリューションの実現可能な次の目標です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. お店の集客数や売り上げを伸ばしたいのならばリピーターを確保するのが一番です。ですが、どのようにしたら…
  2. ラーク動物病院は、大阪寝屋川市にある動物のための総合病院です。4名の獣医師と9名の看護職員たちが日々…
  3. 庭野仁司は、年齢が38歳で美容室を経営している既婚男性です。血液型はB型で広島市出身の庭野仁司は、現…
ページ上部へ戻る